*

LIFE STYLE連載

【第12回】デート後、なぜか恋愛につながらないアナタへ

annnaemon

豊富な経験と鋭い洞察眼を併せ持つ恋愛研究者・ANNAさんが、EDIST.ユーザーの恋のお悩み相談にガッツリのってくれる連載企画。具体的で実践しやすい恋愛ワザがたっぷりのANNAさんの回答は、「読むだけで恋愛スキルが即上がる」と話題になっています。同時に、“ANNAマジック”の虜となっているはるな檸檬さん視点のマンガもお見逃しなく!

 

食事には誘われるのにいつもフェードアウトで恋愛に発展しないのはナゼ??

今回の相談者は教育関連勤務のノリコさん・43歳。堅い職場とのことで、黒髪で真面目そうな雰囲気の女性です。好みの男性からかなりの確率でデートに誘われるけれど、なぜかいつもつきあうまでに至らないのだとか。数々の恋愛セミナーやコーチングを受けて、大金をつぎ込んできたけれどうまくいかないというノリコさんに足りないのは、恋愛のとある部分の筋力不足が原因? ANNAさんが鋭いメスを入れていきます!

 

12-1

 

20代のまま? 過去の恋愛から、恋人同士に発展させるための筋力不足が発覚!

ANNA ノリコさんは好みの男性とデートまでいっても、いつもおつきあいに進まないというご相談ですが、現在の状況を教えてください。

ノリコ はい、現在も婚活をしていて、積極的に婚活の場に出かけています。お見合いパーティなどにも行きますし、趣味の活動もしたりなど動いてます。でも、全然結婚につながらないんです……。どうして、好きな人と結婚するっていう、学生時代の友人や会社の人が当たり前にやってることが私にはできないのでしょうか。私も普通に幸せになりたいだけなのに……。一生独身は嫌です。

ANNA 男性から1度はデートに誘われはするんですよね?

ノリコ そうなんです。いいなと思う人から連絡先を聞かれて、お食事に誘われることは多いんですよ。つい先日も盛り上がって、帰ったあとのLINEの返事もいい感じだったのに、その後、まったく連絡がこなくなってしまって。いつもそういう感じで1〜2度会っただけでフェイドアウトしてしまうんです。

ANNA 「いつも」とおっしゃいますが、具体的に何回くらいあったんですか?

ノリコ そうですねえ……、今ざっと数えてみても、最後の彼氏と別れた38歳のときからの5年間で10回はありますね。

ANNA なるほど。10回とも向こうから気に入ってお食事に誘われたのに、一度の例外もなくすべて続かないんですか? しばらくの期間続けて会った人さえいないんですか?

ノリコ 一人もいません。

ANNA 「いつも」と言う方に突っ込んでお話を聞いてみると2回とか3回ってこともよくあるんですけど、それは本当に「いつも」ですねえ。

ノリコ あまりにもそういうことが続くので、妥協をして、言い寄ってきた好みじゃない方とつきあってみたんですが、2ヶ月くらいで嫌になってしまって。やはり、顔が好みっていうのもある程度大切だなって痛感しました。

ANNA 好みであることは大事ですね。ノリコさんはどんな男性がタイプなんですか?

ノリコ 頭の良い人がタイプですね。高望みはしていなくて、普通の人で全然いいんですけど……。以前に普通のサラリーマンだと思っていたら、実は社長をやっていると知って、逆に引いてしまったことはありますね。

ANNA 社長じゃダメなんですか? 頭が良くてお仕事を頑張っていそうじゃないですか。

ノリコ うーん、高級車に乗っていて、なんだかこちらが思ってたのと違うかなって。その方も食事デートの後に手をつながれたのに、結局は仕事が忙しくなったと言われて自然消滅しちゃいましたけど。

ANNA ノリコさんの恋愛の傾向は以前から同じなんですか?

ノリコ いえ、若いときは自分からアプローチしたことも、振られたこともないです。20歳くらいではじめて男性とつきあったんですが、先輩から言われてつきあいました。その後も男性から告白されてつきあうパターンばかりで、彼氏が途切れたことは、ほぼありませんでした。

ANNA ずっとモテてきたんですね。

ノリコ いえいえ……でも、確かに振り返ると30歳くらいまではずっと、いいなと思った人から言い寄られてつきあうということばかりだったかも。こちらから積極的には行きませんでした。

ANNA 最近も、最初はお相手から誘ってくれるということですけど、その際に男性はノリコさんのどんなところをいいと言ってくれていますか?

ノリコ そうですね……一緒にいて落ち着きそうとか言われたことがあります。

ANNA まあ、彼らは言葉ではそう言うかもしれませんが、男性がよく知らないうちに声をかけたり誘ってくるのは、ノリコさんを好みだとか、かわいいと思ったからでしょうね。

ノリコ そうなんですかねえ。でも、こないだ結婚相談所の方に、「見た目が清楚そうなのにサバサバしているのが逆の悪いギャップですね」と言われてしまいました。

ANNA 落ち着いていそうだし、清楚そうに見えますよね。実際、サバサバしているんですか?

ノリコ 見た目よりアクティブだと思います。週末はレギュラーでDJもやっていますし……。

ANNA え? え? DJ……!? 図書館司書みたいな雰囲気じゃないですか!(笑)意外ですね!! いい方のギャップに捉えてくれる方もいそうですが、イメージが違いすぎて動揺する男性もいるかもしれませんね。

ノリコ そういったこともデートで話したりするんですけどね。

ANNA でも、私はそのギャップだけが原因だとは思いませんよ。いいギャップに持っていくこともできますしね。ほかに、デートではどんな話をしていますか?

ノリコ うーん……、普通に話をしているとは思いますけど? よく恋愛コーチングとかで「男性の話を聞いて、聞き上手になりなさい」というのがありますし、お仕事の話とか、ちゃんと聞いているつもりです。

ANNA デートの後のLINEでは、どんなやりとりをしているんですか?

ノリコ いたって普通だと思いますけど、食事についてのお礼とか、そういう感じです。

ANNA 普通っていうのは「今日はごちそうさまでした。楽しかったです」みたいな内容ですか?

ノリコ そうですそうです、そんな感じで別に普通ですよ。

ANNA なるほど……。いいですか、ノリコさん、私だったら最初に相手が自分をいいと思ってくれていたら、十発十中つきあったり、自分の思いどおりの関係にできます!

ノリコ 100%じゃないですか!

 

また会いたいと思わせる女になるには、”相手を楽しませる力”が必要

ANNA  だって、いいなと思う男性が、まず自分の外見とか雰囲気をいいと思ってくれたんですよ。そういう本能的な好みって、努力でなかなか、どうこうできるものではないんです。美人云々の前に、たとえばかっこいい顔立ちや体格の女性が小動物系の雰囲気になるのって、むずかしいですよね。逆も同じです。それなのにノリコさんは好みの人から好みだと思われることが多い。これってスタートから、すごく恵まれていることなんですよ!! すごいアドバンテージなんです!

ノリコ でも、結局つきあえてませんし、40すぎても独身ですけど……。

ANNA そんなに恵まれている状況が次々とやってきているにもかかわらず、フェードアウトのパターンばかりだってことですよね。ノリコさんは20代の若い時期、勝手に男性が寄ってきて、楽しませてくれたり、機嫌を取ってくれたりしたでしょう。

ノリコ まあ、そうなんですかねえ。

ANNA だけど、今はもう20代ではないんです。35歳をすぎて大人の女性になって、今もっとも必要なのは相手を楽しませる力です。ノリコさんは「普通に話を聞いて、普通にLINEをしてます」とおっしゃいますが、それって相手を楽しませる工夫とか努力をしていないともいえますよね。

ノリコ 恋愛の感覚がモテていた若いときのままということなんでしょうか?

ANNA そのとおりです。どうして最初にノリコさんを好みだと思って、食事にまで誘ってきた男性が、一人残らずノリコさんと再び会わないのかというと、会っているときに楽しくなかったからなんですよ。だからまた会いたいと思わないんです。

 

12-3

 

ノリコ まあ、そういうことですよね……。失礼がないようにはしてましたけど、相手を楽しませるっていうと、むずかしいです。具体的に何をすればいいのでしょうか?

 

ANNA 別に芸人みたいに笑わせるとかじゃなくて、基本はその人が聞いてほしい話を聞いてあげればいいんです。彼はこの話がしたいんだなあと思ったら、その話を聞いて、興味を持ってどんどん質問するんですよ。相手に楽しくいっぱい話をしてもらったらいいんです。そうやって相手と同じ話を共有するんです。

ノリコ それが、全然わからないんですよ。相手の話は聞いているつもりですけど、その人が何を聞いてほしいのかなんて、まったくわからないんです。

ANNA まあ、わからなくて当然ですよ。だってノリコさんは今までなんとなく会話していただけで、相手にとって楽しい話は何か、なんて考えたことがないんですから。今突然言われても、わかるはずがありません。

ノリコ はあ……。

ANNA ノリコさん、さっき、『好きな人と結婚するという、周りの人たちが当たり前にやってること』とか『普通に幸せになりたいだけ』っておっしゃいましたよね。ズバリ申しますと、そういう認識だからうまくいかないんです。

ノリコ えっ……でも、そう思うのって普通じゃないですか?

 

 

ANNA ノリコさんは、みんなが、ただなんとなく生きているだけで、自動的に結婚相手が見つかって結婚したと思っているでしょう? だけど自分にはどうしてそれが起こらないの、って。でも、みんな自覚はしていなくても、多かれ少なかれ「どうやったら相手が楽んでくれるかな」「どうやったら相手が幸せを感じるかな」って、若いころから相手を楽しませる筋肉を鍛えていたんですよ。だから「誰にでもできる当たり前のこと」なんかじゃないんです。ノリコさんには自分が相手にサービスをするっていう発想が全然ないでしょう。

ノリコ 一応、相手に気を使っているつもりではあるんですけど……。

ANNA 気を使うと楽しませるは同じではありませんよ。「私は気を使っています」は自己満足だとしても言えます。でも相手がそれで楽しいのか嬉しいのかは、まったく別の話なんです。

ノリコ はあ……むずかしいですねえ。

ANNA ノリコさん、まず、なによりも重要なのは「相手を楽しませよう」という意志です! 意志があれば、少しずつでもその方向に自分が変わっていくんです。これからノリコさんと接した人が、一緒にいて楽しいなあと思ってくれたらいいと思いませんか?

ノリコ 思います! もちろん、楽しんでほしいです。でも何をすればいいのか、本当に全然わからないんです!

ANNA ノリコさんの頭の中には、他人が存在していないんですよ。「私」しかいない。だから「私は普通に話を聞いて、普通にLINEをしているのに」としか思えない。それで相手がどう感じているのか、楽しいのか、がスッポリ抜け落ちているんです。

 

ノリコ ……言われてみれば、そうかもしれません。

ANNA そもそも男性のことを「一人の人間」ではなくて「私が普通の幸せを手に入れるためのアイテム」としか思っていないんです。でも、その男性はノリコさんを幸せにするために存在しているんじゃありませんよね。彼だってノリコさんと同じように幸せになりたいんですよ。だから自分が幸せになりたいなら、「相手を幸せにする!」という気持ちを持ってください。

 

ノリコ こちらが男性を幸せにする……ですか。

ANNA ノリコさんが男性を手に入れて、一人で幸せになるんじゃなくて、ノリコさんと一緒にいることで彼だって幸せになるんです。だからこそ彼はノリコさんに会いたくなるし、結婚したくなるんですよ。

ノリコ なるほど……。

ANNA それと、ノリコさんは男性に自分を出していないですよね。たとえば、ついこの間いい感じになった人から連絡がなくなって、悲しとか寂しいとかまた会いたいって思いませんでしたか? また会えたら嬉しくはありませんか?

ノリコ それはまあ、嬉しいですね。気に入る男性ってそんなに出会えないので。

ANNA でも、今のまま何もしなければ、向こうからはまず連絡がこないですよね。

ノリコ そう……ですね。今までもそうでしたし……。

ANNA もし、私がノリコさんだったら、いいなと思えた数少ない人なのですから、自分から「会えますか?」って連絡をすると思います。そして次に会えたら「友達に、男性はあなたと一緒にいて楽しくないよ、今のままじゃヤバいよ、ってダメ出しされました。でも私は変わりたいんです。あなたから見て、もっとこうしたほうがいいという部分を教えてください」って言っちゃいます。もともとフェイドアウトしていたはずの相手ですし、もう一度会えただけでラッキーですよね。だからダメ元で、腹を割って相手のふところに飛び込んで聞いてしまいますね。少なくとも、これまでと同じようなあたりさわりのない会話よりは、まちがいなく相手の印象に残るし、私への愛着が湧く可能性が出ますもん。

ノリコ ええ!? そういうのって、ガツガツして見えませんか? 女性がガツガツするのってダメなんですよね……?

ANNA 相手のふところに飛び込む=ガツガツ=ダメ、っていうのは外から刷り込まれた頭の声ですよね。そういう上っ面じゃなくて、目の前の相手と腹の声で話すんです。婚活って、たくさんの男性とあたりさわりのない会話をして、よさそうな人が来てくれるのを待つことではありませんよ。さっき、「普通に話す」とか「相手の話を一応聞く」とおっしゃっていましたけど、いわゆるマニュアルどおりに話している人と腹から話している人とでは、相手の心への残り方が全然違います。

ノリコ それは、きっとそうですよね。

 

12-9

 

ANNA ノリコさんの男性との関わり方って、二人で浅瀬の海でパシャパシャと水を掛けあっているような、深さ5センチくらいの浅ーい関わり方なんです。そうじゃなくて、水深5メートルくらいまでもぐって、もっと男性と深いところで関わりましょうよ。浅瀬で済ますのは、傷つきたくないとか恥をかきたくないって感情が強いからだと思うんです。でも、自分を出さずに受け身なだけの女性って、男性から見ると何を考えてるかわからないし面白くありません。だから家に帰ると印象に残っていないし、また会いたいとも思わないんです。

12-10

 

恋愛の筋力不足を鍛えるには、意外な方法が有効!

ノリコ うーん……、なんとなくはわかりますが、どうしたらいいんだろう……。

ANNA ノリコさんって、営業とか販売って、やったことありますか?

ノリコ いえ、全然、全然……!

ANNA やっぱり、そうですよね。じゃあフリマアプリをやってみませんか?

ノリコ え? フリマアプリ??

ANNA 何でもいいから物を売ってみてください。物を売るときって、ほしいと思わせるにはこのメリットを伝えようとか、写真を綺麗に撮ろうとか考えるんです。これが、頭の中に他人を置いて、相手からの見え方を想像する練習になるんですよ。人に得をさせるほど売れる、ってことも学べますしね。

ノリコ そんなこと、まったく考えたことがありませんでした。そうかフリマか……。すぐに結婚には直結しなそうではありますけど。

ANNA ノリコさん、いいですか、“急がば回れ”です。結婚相談所やお見合いパーティで出会いを探すのももちろん大事なことですが、今のノリコさんのままでは同じことが続くだけですよ。まずは“相手を楽しませる”“相手に得をさせる”という基礎の筋力をつけてください。得をさせるといってもお金とか物ということではなくて、会うと楽しい気持ちになるとか元気が出るとか、目に見えない得です。楽しくて元気になったら、相手はまたノリコさんに会いたいって思いますよね。恋愛は楽しませている方が主導権を握れるんです。

ノリコ 普通に失礼のないように話しているし、相手の話も聞いているから、それでいいって思ってました……。そんな発想は全然ありませんでした。

ANNA フリマアプリが遠回りに感じるのであれば、練習段階を飛ばして、いきなりマッチングアプリを使ってもいいです。自分という商品を売るんです。何を伝えたら私と会いたいと思うかな、どんな写真だと私が素敵に見えるかなって、物を売るときと考え方はまったく同じです。

ノリコ 最近よく聞きますが、なんだか、危なくないですか? 知らない人とメッセージ交換とか……。

ANNA 私自身も利用したことがありますけど、会ってもいないうちから詳しい個人情報を教えないとか、最初はカフェなどのオープンな場所で会うとか、相手をよく知らないうちに肉体関係を持たないとか、そういった常識的な部分にさえ気をつければ、危なくないですよ。

 

 

ノリコ そうなんですね。マッチングアプリもやってみようかな。

ANNA 出会いも期待できるし、一石二鳥ですよ。そして、“相手を楽しませる、会っていて得を感じさせる”この力を鍛えて、ぜひ実践のデートでもいかしてくださいね。

 

後日談

ノリコさんから届いたメールをご紹介致します。

「私はずっと男運だけは極端に悪くモテナイ人生を歩んでたとずっと思ってたのですが、ANNAさんの話聞いたら どうやら違ってたみたいですね。

運ではなくて、単に努力不足だっただけでした。というか恋愛や結婚は努力するものとは知らなかったです。

出逢いの場に出向く事はしてたので数多くの男性ともご縁ありましたが、その先が何もしてなかったです。だから 好きな人とは長く続かなかったのですね。

あの日から、常に相手が得をするよう楽しんでもらえるよう関わってます。

本にも書いてあった、相手を楽しませるゲーム をやっています。そうしたら、週末参加した婚活パーティーで、多くの方から好印象頂きました! 10歳下の方からも好印象頂き、連絡先も教えて下さいました。この調子で一年以内に結婚します!」

 

本日のまとめ

・デートは男性が楽しませる場と思うべからず。相手に楽しんで帰ってもらうという意志が何よりも大事

・浅瀬での付き合いではなく、もっと深いところで関わっていこう

・急がば回れ。フリマアプリやマッチングアプリで、頭に他人を置く練習を

ANNA 本日の一言

程度の差はあれ、頭の中に他人がいない人は多く、そういう人は苦労します。彼らには「自分の都合」しかないので、あらゆる人や物事が自分の思い通りにならないと感じやすく、いつもストレスを感じたり、怒ったりしています。しかし、頭の中に他人を想定できれば、相手は相手の幸せを求めて勝手に動くものだとわかるので、ストレスが減りますし、自分の望んだように相手を動かしやすくなるのです」
0013

恋愛研究者・ANNA
キャバクラや有名クラブなどでホステス経験があり、約5000人の男性と会話をした、異色の恋愛研究者。書籍の執筆やセミナーを行う。著書に、『本当に好きな人とずーっと幸せになる本』(廣済堂出版)、『大好きな人が振り向いてくれる本―ムリめの彼・気のない彼・愛が冷めた彼』(大和出版)などがある。新著「彼と“思いどおりの関係”になれる本――つい、恋が“空回り”してしまうあなたへ」も発売中。
>>ANNAさんのHPをcheck!

はるな檸檬のつぶやき

端から見ると、普通に恋愛して普通に結婚しているように思える友人も、実はみんな筋肉を鍛えてるんだ!というANNAさんのお話になるほどと膝を打ちました。そういうこと、教えてくれる人なかなかいませんもんね。普通に見えちゃいますよね、ノリコさん。いやー勉強になります。

lemon

漫画家・はるな檸檬
宝塚ファンの生態を描いた『ZUCCA×ZUCA』 (講談社)で一躍人気になった女性漫画家。現在は『れもん、うむもん!』(ROLA)を連載中。著書に「れもん、よむもん!」(新潮社)、「れもん、うむもん!ーそして、ママになるー」(新潮社)がある。新著『タクマとハナコ 1』(文藝春秋)が好評発売中。

>>はるな檸檬さんの公式twitterをcheck!

<次回は10月下旬配信予定です。お楽しみに!>

アプリ「EDIST.」(Androidはこちら)をDLするとすぐに新しい記事がチェックできます。

 

 

【連載バッグナンバー】恋愛・結婚生活をうまくいかせるテクが満載です!

第1回:今の関係はマジックミラー!セフレ・セカンドから本命になるには?
第2回:無理めの男を落とすには、ガードがゆるい“裏門”を探すべし! 前編
第3回:3つのポイントを押さえることで、彼の心のシャッターを開く!後編
第4回:元彼と復縁する方法って? 彼の愛を再獲得する秘技
第5回:恋愛不器用女子必見!”恋愛干物女”の恋愛リスタート方法
第6回:婚活難民を悩ませる結婚の“入れ物”と“中身”とはいったい!?
第7回:本当に彼でいいの? 頭の声と腹の声としっかり聞きわけるべし
第8回:●●●●は魔法の言葉! 誰もが懐く男の”しつけ”方法
第9回:“恋愛の栄養バランス”を知って、ダメ恋スパイラルから脱却! 前半
第10回:自分の心を麻痺させていませんか? ダメ恋スパイラルから脱却する方法 後半
第11回:別れたくない!彼から 別れを切り出されたら、まずやるべきこと

【スペシャルトーク】恋愛と愛は真逆のもの? 紀里谷監督×恋愛研究者ANNAの恋愛対談

wanted
ANNAさんに直接恋愛相談をしたい方絶賛募集中! ご希望の方は下記の応募要項を明記し、edist.apply@enish.comまで「恋愛相談希望」とメールでご連絡ください。ご登場をお願いしたい方には編集部より、ご応募いただいたアドレス宛に折り返しご連絡させていただきます。
(相談内容は『EDIST. WEB MAGAZINE』で紹介させていただきます)★応募要項
・名前
・年齢
・職業
・既婚/未婚
・相談したい内容(できる限り詳しくお願いします)
皆様のご応募をお待ちしてます!